ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ

組体操に続いて今週はパラバル―ンの様子をお届けします。

今年のパラバルーンは人気アニメの主題歌である『紅蓮華』の曲に合わせて、小波・風船・テント等の技を披露します。初めてこの曲を聴いたときから歌詞を口ずさんだり踊ったり大興奮な様子♪難しい技にも楽しみながら取り組み上達してきています。中でも難しいのは、ウェーブ!隣の人をしっかり見て順番に立ったり座ったりする技です。集中を切らさずに待つことや素早く立つことが難しいのです。何度も練習し、できるようになってきたことに満足の子ども達。その様子を撮ったビデオを翌日に鑑賞してみると…「もっと早くしたい」「バラバラだからもっと揃えたい」と”もっともっとかっこいい姿を見せたい”の気持ちが膨らんだようです☻

当日はそんな子ども達の技はもちろん、自信を持った表情にもぜひご注目ください!

 


スポーツフェスティバルで【忍者修行お披露目会】をすることを決めた大谷忍者たち!

忍者アイテム”にんじゃりばん”にキラキララインが刻まれるごとに、修行の腕を上げています。以前は自分の術が大成功することで大満足だった子どもたちが、忍者の助言の元、徐々にクラスで力を合わせる大切さに気付き、仲間を信じ応援する様子がみられるようになってきました。しかし昨日、「早く見せたーい!」と気合い十分な子どもたちはあることに気付き愕然としました・・・。おうちの人に知らせていない、どうしよう・・・と。(笑) そこで年中組みんなで急きょ緊急会議を開き、おうちの人に手紙を書いて知らせることになりました。

すると午後、驚くべきことが起こったのです!なんと忍者がホールの非常階段を駆け下りてくるではありませんか!「まさか」と唖然としたのも束の間、すぐに「忍者だぁぁ~!」と大騒ぎ☆

忍者が消える前、ホールを指さしていたことに気付き、みんなでホールに行ってみると招待状ならぬ『招待巻物』が置いてあったのです。

「スゲ~!!」「忍者さんありがとう!」と大・大・大興奮!嬉しさいっぱいで忍者への思いが止まらない子どもたちでした。

午前中の会話が午後の出来事に繋がったり、少しずつ忍者との距離が縮まっていたりなどストーリ性のある過程を十分に楽しみ、みんなで共有できていることをとても嬉しく感じています。本日お子さんが持ち帰る招待巻物を見ながら、忍者話に花を咲かせてみてくださいね。


スポーツフェスティバルに向け、引き続きジャングル探検を楽しんでいる子ども達。ジャングルダンス(「これっキリンだゾウ」)も元気いっぱい踊っていますよ♪ダンスを楽しむ毎に、キリン・ゾウ・クマのポーズのキレが良くなったり、所々に出てくるかけ声のボリュームがアップしたり、踊りに磨きがかかっています。パズルのピースも順調に集まり、(学年だよりをご参照ください。)完成まであと一歩!朝の支度中やバスの中など、ふとした時にダンスの歌を口ずさむこともあり、子ども達の期待も高まっている様子が見られます♡

いよいよ来週に迫ったスポーツフェスティバル…子ども達にとってはお家の人が初めて見に来てくれる場となります。そばに行きたくなったり、ドキドキ緊張したり、涙が出たりと、いつもとは違う姿を見せることも多々あるかと思いますが、温かいまなざしと声援を頂けると嬉しいです。ぜひ一緒にジャングル探検を楽しみましょう☺



10/9のスポーツフェスティバル(年長)に向けて、様々な活動を積み重ねています。今週は組体操のポジション決めをしました。組体操はみんなの力を合わせて完成させるもの!またまた、年長の醍醐味である『グループでの話し合い』を行いました。始めは「一番上に乗りたい!」と目立つポジションを希望する子が多くいましたが、下の段・真ん中の段・一番上、それぞれ違う魅力があって、違う力が必要だということを伝えると「僕は筋肉があるから下で支えたい!」「私はバランスが得意だからここになりたい!」と『人それぞれ”得意”・”苦手”は違う』ということに気付いたようです。保育者から伝えるだけではなく、子ども達が自分で気付き、それを試したり、話し合ったりすることで完成へと近付くのです☻
自分たちで決めたポジションで自信を持って技を披露する子ども達は、どんな表情を見せてくれるかな?お楽しみに♪


1学期から忍者ごっこを楽しんでいた年中組に、ある日突然忍者からまきものが届きました。なんと忍者は今までの年中組の忍者ごっこを影からこっそり見ていたらしく、新たな修行のためのアイテムを用意してくれたというのです。突然届いたまきものに初めは“???”でしたが「忍者が見えたかも!」「カーテンの裏にいたかも」とポツポツと声が上がるとそれが広がり、いつの間にか子どもたちの目には本物の忍者が見えているかのようで、すっかり忍者の弟子気分。忍者が用意してくれたのは山のぼりの術(とび箱)、橋渡りの術(平均台)、でんぐりがえりの術(マット)、あみくぐりの術(網)。今までやったことがあるものでも忍者が用意してくれたことでまるで初めて見たかのように目をキラキラさせて挑戦する気満々!そしてとにかく一生懸命。出番が来るとその表情は真剣そのもので修行に立ち向かっていきます!!
今子どもたちのパワーの源となっているのは「にんじゃばん」。これは忍者からのプレゼントで腕につけると忍者パワーがアップするというもの!さらに修行をする中で体を使う技だけでなく、「話を聞く力」「協力する気持ち」「応援する気持ち」など、修行に向かう『心』が育った時にこのバンドにキラキララインがついていくのです。にんじゃばんをつけると忍者の心が宿るみんな。パワフル忍者、ドキドキ忍者、姿は様々ですが忍者のやり取りを楽しみながら忍者修行に励んでいきたいと思います。


10月2週目に行われるスポーツフェスティバル、年少組のテーマは「ジャングル探検」です!ジャングルの地図を見せると、子どもたちは興味津々。草の陰に隠れている動物や宝箱を見つけ、思わず立ち上がってもっと近くで見ようとする子もいる程大興奮でしたよ。ジャングルの王や動物たちからどんな探検ができるか書いてある「探検カード」と地図仕立ての「レベルアップ表」をもらい、いざ探検に出発!探検カー(トロッコ)を運転したり、ウサギに変身してジャンプしたり…探検を楽しむ毎にレベルアップ表が上がり、ゴールにたどり着く仕組みです。「早く次の探検したい!」「○○組さんのレベルアップ表も上がっているかな?」と目を輝かせている子どもたち。自分の探検が終わると満足し、待ち合わせ場所で砂遊び…なんて姿もまだまだ見られますが(笑)年少組みんなで1つのテーマを共有して活動する楽しさを存分に味わえるよう、これからも様々な仕掛けを作ってスポーツフェスティバルまでの過程を盛り上げていきたいと思います!


 

1学期に植えたお米の苗も、花が咲き実がなってきましたよ。その実を食べに来てしまうカラス等の鳥のためにネットをかけました。ネットのかかった田んぼを見て「これだけじゃ(ネットの)穴から食べられちゃう」という声が!「大変だ!!」と各クラスで緊急ミーティングを始めました。
まつ組では、かかしを作ろう!とすぐ決まったものの、それぞれの作りたいイメージがバラバラでたくさんの意見をどう一つにするかに時間がかかりました。しかし、じっくりと何度も話し合いを重ねることで、みんなが納得する形で完成させることができましたよ。
ふじ組では、なかなかいいアイディアが出てこず話し合いが難航しましたが、カラスは人が苦手らしいという情報をゲットしてからは、「人間そっくりの人形を作ろう!」と意見がすぐにまとまりました。そして、パーツごとのチームに分かれ黙々と完成させましたよ。

実はこの活動は私たちの予定にはなく、子どもがやりたいと言って急遽翌日から取り入れた活動なのです!子ども達からの提案によって生まれた活動はさらに活き活きとした姿が見られるのですよ。引き続き、子どもの「やってみたい」の気持ちを形にできるようお手伝いしていきたいと思います。


先週は夏季保育のお楽しみ【夏祭りごっこ】がありました。
登園すると屋台に変わっているお部屋にびっくり!すぐに園内探検を始める子たちもいましたよ♪
今年は密の防止対策と、1人ひとりがゆっくり年長児(店員さん)とのやりとりが楽しめるようにクラスを2チームに分けて参加しました。
チーム同士、束の間の別れを惜しみながら、いざ出発!
実は我々担任は様々な心配を抱えていました。。。(迷子、チケットの扱い方、落とし物など)
でも良い意味で子どもたちは見事に期待を裏切ってくれたのです!!
お店の前に着くと、自ら5枚の中からチケットを選び出しはりきって入店する姿、ドキドキしながらも年長店員さんとやりとりをしてお気に入りの品物を選ぶ姿に驚かされました。
そして何よりも子どもたちが声をかけ合い、「次は〇〇の店だよー!」「あっ!ここだ!」と主体的に活動を楽しむ様子にとても嬉しくなりました(^^)
チケットを渡すことに大満足で、品物を買い忘れるおっちょこちょいなメンバーもいましたが、迷子アナウンスも必要なく買い物ミッションは大成功☆★
2学期も子どもたちの主体性を引き出せるような活動を楽しんでいきたいと思います


夏休みが終わり、いよいよ2学期がスタート!少しずつ園生活のペースを取り戻してきている子ども達…今週は敬老の日に向け、2日間に渡ってカード作りを行いました♪1日目は、指スタンプでぶどう作り!おじいちゃん・おばあちゃんにおいしく食べてもらえるようにと、夢中になって沢山の実をつけていましたよ。2種類の色を用意したことで、それぞれの色から味を想像して楽しんでいる姿も見られました。2日目は、カメのカードに顔と甲羅の模様を付けました。最初に顔のイメージを伝えると、こちらが思っている以上に目と口の位置を考えながら描いたり、カメの甲羅も子ども達から「模様をつけたい!」という声が上がり、それぞれこだわりながらシールを使って模様を作ったりしていましたよ。おじいちゃん・おばあちゃんのために心を込めて作ったプレゼントだからこそ「どうやって届けたらいいかな」「車で届けに行く!」など早速届けたい気持ちでいっぱいになった子ども達の姿を見て、満足感にも繋がっていたように感じました。9月21日は敬老の日、ありがとう・大好きの気持ちを沢山届けられるといいですね♪


今週は初めての造形活動がありました。講師の先生の名前を聞いただけで盛り上がるほど興味津々の子ども達。講師の先生にしっかり注目してビー玉迷路の作り方を聞き、製作スタート!ピタゴラスイッチのような滑り台を作った子やビー玉をジャンプさせるワープゾーンを作った子、実際にビー玉を転がしながら材料の配置を考える子など黙々とイメージを形にしていましたよ。製作後は、難易度MAXに設定した自信作を担任にやってもらい「難しい…」という姿を見て喜んだり、友達の迷路と交換して挑戦しあったりして楽しむ姿が☆

自分で考えて作ったものを自分で遊ぶこと、友達に楽しんでもらうことは喜びや自信に繋がりました。「造形ってワクワクする…!」というつぶやきが聞かれるほど熱中して達成感を感じられたようです。

次回の造形は土粘土にリベンジ!Tシャツは園で保管させていただきます!


PAGE TOP