ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ

P1000421 P1000416

土粘土の感触を味わうことから始まったこの活動は次第に熱を帯び始め、ただの固まりだった土粘土がみるみる子どもたちのアイデアの詰まった作品に変わっていったのでした。誰かが人形を作ると、「ぼくは動物つくる!」「みてみて!・・・」とお互いのイメージに刺激を受け、発想が広がっていきます。グループの友だちとイメージを共有できるのが、この年齢の面白いところです。服も顔も泥だらけにして楽しむことができました。


2013.06.16
父の日参観

P1120494 P1120510

あいにくの雨でしたが、お父さんが幼稚園に来るのを心待ちにしていた子どもたちは本当に嬉しそうな表情を見せていましたね。子どもたちは、お父さんへの感謝の気持ちを伝えることができたでしょうか。我が子の成長と心のこもったプレゼントは父にとって宝ですよね。我々のパワーの源です!今日は雨の中、本当にありがとうございました。


詳細は「わくわく広場」のページで!

参加希望の方は園にご連絡下さい。
※いつものように園庭でもたくさん遊んでいただけます。


詳細はわくわく広場のページをご覧下さい

参加希望の方は園にご連絡下さい。
※いつものように園庭でもたくさん遊んでいただけます。


P1000345 P1000375

外遊びが大好きな子どもたち。でも、雨の日もちょっとした工夫で遊びは無限に広がるんですよ。

うさぎ組はマットの周りに段ボールで囲いを作ってみました。楽しいこと、面白いことに敏感な年少さん。「わぁーお家みたい!」ブロックを並べたり、おままごとを持ち込んで何やら始まりました。作ってあった新聞紙の棒を振り回して遊んでいた子どもたちの中から魚釣りをする子が現れると、切れ紙を魚に見立てて釣り堀ができあがっていきます。子どもたちの遊びのイメージを拾っていくと、遊びの世界はどんどん広がっていきます。子どもたちは、遊びの中で楽しさを共有しながら友だちとの関わりも深めているようです。

 


P1000258P1000263

今、年中クラスはみんなで遊ぶような機会を意図的につくっています。しっぽ取りゲームは、5月から何度かやっている集団遊びなのですが、ルールもわかりやすく、クラス対抗ということで、進級後、新しい友だちとのつながりが深まってきた年中さんにとってこれほど燃える遊びはないわけです。こうやって集団で遊ぶ楽しさや、新しい遊びに興味が広がっていくことはとても大切なことですよね。


P1000370P1000368

今週は雨の日が多かったですね。そんなある日、年長の先生からこんな提案が!「今年の運動会は、かっこよくソーラン節を踊りたいんです。」年長さんにとって今年は幼稚園生活最後の運動会です。前日から今日の予定を聞いていた年長の子どもたちは、朝から「コウジ先生ソーラン節よろしくね!」「ソーラン節先生!」と私のところに駆け寄ってきます。子どもたちの熱意に打たれた私はいつも以上に熱血指導を行ったのでした(^^)見て下さい!みんないい顔して踊っていますね。今年の運動会どうぞご期待下さい。


P1120474P1120484

じゃがいも掘りを楽しむ子どもたちです。

まん丸のじゃがいもが土の中から姿を現すと「あったぁ!」とあちこちで歓声があがり、みんな夢中になって掘っていました。

お昼に役員さん特製のじゃがいもの味噌汁をいただき、新じゃがの美味しさを堪能しました。

役員さん!とっても美味しかったです。ごちそうさまでした(^^)

 

 

 


P1000326なぜ、歯が赤い?

これは歯垢や歯石に反応するプラークチェッカーというものを使って歯みがき指導を行っている様子です。子どもたちは持ってきた手鏡を見ながら、一本一本丁寧に歯を磨いていました。歯みがきも親子の大切なコミュニケーションの一つです。ご家庭での仕上げ磨きはしっかり行ってあげて下さいね。


P1000230この日の年中クラスは、自分の絵の具を使って塗り絵を楽しみました。個人持ちの絵の具ということもあり、この活動を楽しみにしていた子どもたちは、いつも以上に絵の具の説明に耳を傾けていました。絵を描く楽しさがまた一つ広がったようです。  


PAGE TOP