ブログ

  1. ホーム
  2. 製作活動

年長の作品展のねらいは“自分たちで計画し、一つのものを作り上げる楽しあを目一杯味わう”その為にミーティングを開きました。“今一番見せたいものは何か?”というところから始まり・・・「造形で作った鬼!」「じゃあ部屋が鬼だらけになるね」「あ!あの絵本に似てる・・・せんたくかあちゃんだ!」といった流れで作品展のテーマが“せんたくかあちゃんの世界をつくろ!”に決定しました。絵本のイメージから作りたい物や何でどのように作るかも活発に意見を出し合っていましたよ。皆で一つの目的に向かってイメージを共有し合う姿に成長を感じました。絵本に出てくるタライやお日様などを作った活動では全員でホールに集合し、それぞれ得意なことを選んで取り組みました。チーム毎に教え合ったり、助け合ったりして自分たちでどんどん作り上げていく姿にビックリ!長い活動でしたが片付けまで飽きずに出来たことは、それだけ気持ちを一つに楽しめた証拠ですね!最後にそれぞれ作ったものを見せ合ってお互い拍手!!みんなで絵本の世界観を作ったという達成感でいっぱいだったようです♪


   

今年の作品展の立体のテーマは「こんな家があったらいいなぁ」のお家づくり。沢山の廃材の中から好きなものを選んでの自由製作です。子どもたちに人気なのはお菓子の箱!甘いにおいにうっとりする子、パッケージをあえて隠さずお菓子そのままのデザインで勝負する子、まだお菓子が入っているかも?と中身を確認する子と様々な姿が見られましたよ。廃材選びを終え、いざお家づくり!幅広いテーマのでまだイメージが固まっていない子、イメージはあるけど形にするのが難しい子など、思いがあるだけにいざそれを表現しようとすると難しいという子もいます。子どもたちの取り組みを見守っていると、友達と一緒に作りながらイメージを広げたり、友だちのアイデアに刺激を受けたりしながら製作を進めていくと、どんどんお家づくりが楽しくなっていくのがわかります。活動が終わったあとも、「お家づくりしてもいい?」と子どもたちが時間を見つけて積極的に取り組んでいるんですよ。お家の部品一つ一つに子どもたちのこだわりが沢山詰まっているので、作品展にお越しの際にはぜひ子どもたちの話にじっくり耳を傾けてご覧になってください。


3学期がはじまってもう1ヶ月!みんな寒さに負けず元気に過ごしています。お部屋では作品展に向けての作品づくり精を出している子どもたち。先週~今週にかけて紙粘土を使ったコーヒーカップづくりをしました。紙粘土を渡すと「手が白くなった!」「つめた~い」「小麦粉みたい!」と感触を楽しみながらカップの形に仕上げていきました。ひびが入りそうな所を指でなでてキレイにしたりビーズのデコレーションに夢中になったり真剣モードで色塗りをしたりそれぞれこだわりのコーヒーカップが完成!根気のいる製作でしたが、最後までやり遂げる姿を見て、集中力のアップや丁寧に作ろうとする意識が見て取れ成長を感じました。作品展当日は子どもたちの可愛い写真と共に飾りますのでどうぞお楽しみに♪


夏休み明け、最初の活動は敬老カードづくり!年長はカード作りからポスト投函まで全て自分たちで行います。まずはおじいちゃん、おばあちゃんたちとの思い出を振り返りどんな思いを伝えたいかを考えました。感謝の気持ちの中にも「○○してくれてありがとう」や「また○○しようね」など、具体的な声があがり、伝えたい思いを言葉で表現する力が付いていることに成長を感じました。

カード作りでは、どうしたら飛び出すカードを作ることができるのか、じっくり考えて挑戦!飛び出すことで来週はいよいよポストへ投函。みんなの思いが無事に届きますように。


敬老の日に向けて敬老カードを作りました。今年はなんとお守り型!その形を見た子どもたちは「おじいちゃん、おばあちゃんを守ってくれるね」優しい気持ちやありがとうの気持ち。ふわふわな気持ちを込めたいと言い、丁寧に取り組む姿が見られました。お守りの模様はシールを使って思い思いのものを作り上げていきました。ここに子どもたちの可愛い写真と、絵を入れて世界に1つしかない素敵なお守りの完成です。来週の水曜日にカードを持ち帰ります。直接おじいちゃんおばあちゃんに手渡したり、ポストに投函したりする経験を是非させてあげてくださいね。


長かった夏休みが終わり、2学期が始まりました。まだまだ夏休みモードが抜けきらない子もいますが、少しずつ取り戻して行けたらいいなと思っています。2学期最初の製作はかき氷作り!実は夏季保育中絵の具とコーヒーフィルターを使ってかき氷を作っておいたのですよ。シロップに見立てた絵の具がコーヒーフィルターに染みこんでいく様子に興味津々の子どもたち。どれも美味しそうで見分けがつかないくらいのかき氷がたくさん仕上がりましたが、「ボクのはこれ!」「私のはこっち!」とちゃんと分かっている子どもたちの姿を見て、“自分の作品”ということを意識して製作に取り組んでいるんだなと嬉しく思いました。そして今週はかき氷食べている自分を描き、スプーンを貼って完成!かき氷と同じ色で口を描いたり、貼る前のスプーンで食べる真似をしたりそれぞれこだわりの作品になったのですよ!これからも自分のこだわりポイントを大切に製作を楽しめるようなお手伝いをしていきたいと思います。


入園してから早2ヶ月。少しずつ子どもたちも落ち着きみんなと一緒に活動できることが増えたので、色々な初めてにチャレンジ!まず、タンポにプチプチの緩衝材を巻き、スタンプで雨を表現しました。雨降りの曲に合わせリズミカルに押したり、大雨になるように何度も力強く押したりそれぞれの雨の世界が広がりました。次は、ハサミに挑戦!ハサミの使い方や持ち方、切り方を伝え、細長い画用紙を1回で切り落とす”ワン切り”の技法でチョッキン!チョッキン!ゆっくりハサミを雨後回初めてとは思えないほど細かく上手に切れていました。更に切った紙を傘の模様に見立てのりで貼り、自分だけのオシャレな傘が完成!すると、その柄の世界にカタツムリが遊びに来てみんな大喜び。目がないことに気がつくと「目をかいてあげたらいいんだ!」「カラにも模様をつけたら可愛くなるね!」とクレパスで可愛い目やカラフルな模様を描き、梅雨の季節に合わせた絵が仕上がりました。4回に分けたことで、初めてのハサミやのりの活動にも集中して取り組めたり、段々と自分の作品が出来上がっていく過程を楽しんだりしている子どもの姿が見られ嬉しく思いました。しばらくお部屋に飾っておくので、機会があればぜひご覧ください。


5月30日の『大谷家族の日』に向けて、マル秘大作戦がスタートしました。まずは「そらまめくんのベット」をイメージして家族みんなが仲良く幸せに眠れるベット作り!今まで触ったことのない軽くてふわふわな紙粘土の感触にみんなうっとり♪「気持ちいい~!」といいながら、ちぎったり丸めたり存分に感触を味わっていましたよ。幸せな形をイメージして納得いくまで形作りに時間をかけました。その集中力はまさしく家族を想う深い愛情!実はこのマル秘大作戦はまだまだ続きます。『大谷家族の日』に向けての活動を通じて、家族の大切さ、感謝する意味をみんなで考えながら気持ちを高めていきたいと想います。


 

年中組になって初めての製作“鯉のぼり作り”先週行ったデカルコマニーのボディに今回は“目とひれ”を合体!四角い画用紙の角を少しずつ切り落としながら丸い目を作っていきます。大胆に切り落とす事を予測してやや大きめの画用紙を用意したのですが、今年の年中さんは慎重派がたくさん!少ししか切り落とさないものだから・・・ボディからはみ出るほどの大きな目の鯉のぼりが続出(笑)たくさん切りすぎて「先生どうしよう!?こんなに小さくなっちゃった」と落胆している子もいましたが、ボディに合わせるとジャストフィット!可愛らしい鯉のぼりが完成しました。今回の製作では準備物や製作工程が多い中、友だち同士で助け合う姿が年中さんらしくとても頼もしく思いました。協力し合って作った鯉のぼりは、各クラスに飾ってありますので機会があったらぜひご覧ください。


少しずつ始まった製作活動。初めてクレパスを使ってライオン作りに挑戦!(たてがみをぐるぐる描きました)クレパスを使えることに大喜び。ふたを開けると「何色にしようかな~?」と目を輝かせていました。茶色だけではなく、好きな色を選びながら「かわいいライオンにする!」「かっこいいでしょ?」「白い色で描いても見えるかな?」と楽しんでいました。中には一本ずつではなく3本も4本も一緒に使う強者も現れました(笑)担任はぐるぐる丸をいっぱい描くイメージでしたが出来上がったライオンを見ると顔を囲うように大きな丸を描く子、水玉模様にする子、画用紙が見えなくなるくらい塗りつぶす子・・・と色々なアイデアが出てきました。これからも子どもたちのアイデアをたくさん取り入れられるよう、私たちも頭を柔らかくしながら一緒に色々な製作活動を楽しんでいきたいと思います。


PAGE TOP