ブログ

  1. ホーム
  2. 楽器あそび

先週は生活発表会にお越しいただきありがとうございました。発表会が終わった今でも子どもたちの合奏の熱は冷めることなく、更にheat up!以前は好きな楽器を選んでむやみに鳴らしていた子どもたちが、全ての楽器が揃うように役割を決め、なんとそこには指揮者も!指揮に注目することが出来るようになったからこそ、出来た役割ですね。子ども指揮者を迎え、いざミニ発表会。合奏も積み重ねていくうちに他の楽器の音やリズムをしっかり聞いて覚えていた子どもたちは、自分の担当以外の楽器でも見事に力を発揮していましたよ。演奏している人も聴いている人も心地よい音楽を作り出せるようになりました。まさに音を楽しむ!これこそが真の音楽(笑)日常生活で身近に音楽が楽しめる環境づくりを今後も大切にしていきたいと思います。


生活発表会に向けて各クラスメロディオンと合唱レッスンにも取組中。特にメロディオンは、自由な表現と違い、決まったメロディーをみんなで速さを合わせて弾く、ピアノの伴奏だけでなく周囲の友だちの話を聞きながら一つの曲にしていくという難易度の高い活動です。なので楽しく取り組むために空想の世界やステップカードを用意して子どもたちが自主的にレッスンできるように工夫しています。個人差はあるもののレッスンを積み重ねるにつれ、曲がスムーズになっていく手応えを感じている様子があります。合唱は、見せ合いっこの時に子どもたちから「対決だ!」という言葉が聞かれましたが、今はそれぞれの暮らすが歌の曲調を理解し、どのように歌ったらお客さんが喜んで聞いてくれるかを考えながら取り組んでくれるようになりました。さぁ、いよいよ来週は発表会!これまでのレッスンの成果を見せられるかな?お楽しみに。


 

いよいよパート練習がはじまりました。楽器が10種類もあるので3グループに分かれてレッスンしています。まずは決まった楽器を確認。1日目のパート練習では勢い余ってばちを飛ばしてしまったり、指揮を見ないどころか寝転んでしまったりする子も・・・。ところが2日目は少し要領を掴んだのか指揮を見る眼差しが少しずつ変わり、同じ楽器同士の音が“ピタッ”と合う瞬間が所々出てきました。いよいよ来週はみんなの楽器を合わせる楽しさを味わえるように取り組んでいきたいと思います。


2学期の大イベントである運動会では、おしり探偵の世界を存分に楽しみ、探偵の修行やダンスパーティーに明け暮れていた子どもたち。「運動会」というフレーズを全く出さずにやってきたので運動会で披露すると知ったのは、なんと・・・運動会の数日前だったのですよ。もう一つの大イベントである発表会は、テーマを楽しみながら1人ひとりがリズムやメロディーを覚えて周りの友だちと合わせ、一つの曲に仕上げていくプロセスになります。なので今回は早めに「発表会」というフレーズを出して目標に向かって積み重ねてレッスンに励めるようにしました。発表会で演奏する楽器も決まり、いよいよ来週からパート練習。どのようなドラマが繰り広げられていくのか、どのように曲が仕上がっていくのか、乞うご期待!(続く・・・)


PAGE TOP