ブログ

  1. ホーム
  2. 年長クラス

雲行きが怪しく「中止かな..?」と思っていましたが、直前に晴れ間が見えプールに入ることができました!前日からプールと聞き大盛り上がりだった子、少し心配そうな子、「新しい水着買ったんだよ!」とワクワクの子など様々な姿がありました。年長になったので、着替えもレベルアップ!”自分で脱いだものはきちんと畳んで、椅子の上に置く”ことに挑戦しました。「お家で畳むお手伝いしてるよ!」と得意気に披露してくれる子もいましたよ.👀プールに入ると、「冷た~い!」と弾ける笑顔☺ボールやビート板を使って、思い思いにプール遊びを楽しみました♪ちょっぴり水が苦手な子もいると思いますが、水遊びやプールを通して危険性も伝えつつ、少しずつ水の楽しさを感じていきたいと思います。

 


年長ならではの活動、”話し合い”が始まりました。第1回目は魚の世界作り🐟以前作っていた折り紙の魚を泳がせてあげようと、グループで1つのオリジナル水槽を作ることになりました。話し合いのポイントは3つ!①自分の意見を言う②相手の意見を聞く③みんなの意見を合わせる です★これを意識して話し合いスタート!まずは、水の色を選ぶところから。満場一致で決まるグループ、意見が分かれて困っているグループ、自分が選んだ方の魅力を友だちに熱弁するグループも!その熱弁を聞いて、「そっちもいいかも!」と良い気持ちのまま譲ってくれるという場面もあったのですよ♪その後は、ワカメ屋さん、珊瑚屋さんなど各店舗でアイテムを1つずつお買い物をしました。「〇〇ちゃんはどれがいい?」「僕はこうしたい!」と3つのポイントを意識しながら話し合う姿が見られ、初回なのに『すごい..!!』と驚きました。もちろん、上手くいかずに喧嘩になりそう..?というようなところもありましたが、それは当たり前!これからたくさんの話し合いの活動を通して自分の思いを表現したり、相手の気持ちを受け入れたりする経験を積んでいきたいと思います。


5月26日は大谷家族の日!この日に向けて家族について考えたり、プレゼントを作ったりしてきました。3つのプレゼントにはそれぞれ思いが込められています。特にオリジナルバッグは完成をイメージしてから、手形をどの向きで押すか、どの様な絵を描いたら喜んでくれるかをたくさん考え悩みながら製作したのですよ✨ラッピングも自分達でしたので、こだわりポイントをぜひ聞いてみてくださいね!

今週は、自分にとって家族はどの様な存在か、どんなことをしてくれるのかをみんなで考えてきました。そしてそれを踏まえてちょっぴり難しいですが”自分たちが家族にできること”についても考えてみました。「お手伝いをしてあげたい」「ありがとうの気持ちを声に出して伝えたい」などたくさんの意見が出てきましたよ。なかには「片付けをちゃんとする」「お小遣いで美味しいものを食べさせたい」なんていう声も(笑)この時間を通して、”家族がいるから自分がいる”を改めて感じたのではないでしょうか☺そんな子ども達の愛が詰まった言葉やプレゼントを受け取って”ぎゅ~❤”をしてあげてくださいね☺


今週は、村田先生と2回目の造形を楽しみました♪今回のテーマは絵の具を使った”色水”✨色を混ぜたり、水で薄めたりしながら一人ひとりオリジナルの色に仕上げていきました。「赤と青を混ぜると紫になるんだよ!」と計画的に色を混ぜていく子、同じ色でも絵の具の量によって濃淡に気付く子、好きな色を混ぜてどんな色になるか楽しむ子など様々な姿がありましたよ。始めは個々に色の変化を楽しんでいましたが、徐々に同じグループのお友達と分け合い、(中には、混ぜすぎて雲行きが怪しくなる子もいましたが…😅笑)更なる色の変化に気付き「これは〇〇ジュース!」と見立てる姿がありました♪最後はコップのジュースを自分のペットボトルに移したら完成✨と思いきやここからが難関でした…!せっかくできあがったジュースを勢い任せで注ぎドバドバと外に溢れだす子が続出💦どうにか完成したジュースを手に取り満足気な表情の子、予定外の色になり「…😅」な表情の子、など様々な表情を見せ、最後は乾杯をしジュースパーティーはお開きとなりました♡この経験を活かし今後の絵の具遊びでも、混色の楽しさを伝えていきたいと思います。


 

今朝の「めざましテレビ」はご覧になりましたか。突然の取材依頼で少々驚いたのですが、園のことを知ってもらう良い機会だと思い取材を受けました(笑)

今日はせっかくメディアに取り上げていただいたので、このマスク問題に関して少し考えてみようと思います。

コロナが出現し3度目の春を迎えました。ちょうど今の年長さんが入園した頃、コロナの影響を受ける生活がはじまりました。今でこそ陽性者が出る状況の中でも園は通常開所していますし、私たちも試行錯誤を繰り返しながら今の生活形態をつくりあげてきました。この試行錯誤の中には様々な葛藤や迷いがあったのは言うまでもありません。健全な子どもの成長にとって「環境」について考えるのは最も大切なことです。子どもの健全な発達と成長に繋がる機会を失わないよう、園行事や日常の遊びの環境をどう守っていくのか?職員で何度も何度も話し合い、保護者の皆様の理解と協力をいただきながら一歩ずつ進んできた2年間でした…

4月から「屋外ではマスクを外していこう」と決めたのは、もちろん熱中症のリスクに対する対応ということがありますが、一番は“お互いの表情が見える生活”を取り戻したいという思いがあります。人間の感覚で視覚情報を占める割合は8割といいます。マスク越しの表情からは相手の思いが十分に読み取れないということはあるのです。幼児期の子どもたちは遊びの中で自分の気持ちを表出し、友だちとの交友の中で楽しいことも上手くいかない経験も繰り返しながら、人と繋がっていく術を学んでいきます。大谷幼稚園は、“子どもの多様性を尊重し、ひとり一人の思いを承認する”ことを何よりも大切にする園です。上手くいかないことを失敗としてとらえるのではなく、失敗から工夫を学ぶことができる環境をつくっていきたいと考えています。そこには、相手の表情から感じ取ることができる環境があることが、やはり大切ことだと思います。

4月から「お外で遊ぶときはマスクとっていいよ」と今年度の園生活はスタートしましたが、子どもたちはいい表情をたくさん見せてくれています。「楽しい」「またやろうね」そんなやりとりや、溢れる笑顔によって互いの安心感が生まれるのだと思います。

元の生活に戻ることはないかもしれません。感染リスクが残っている以上“マスク外し”を簡単に進めるわけにはいかないという思いもあります。それでもあの笑顔がいつでも受け止められる日常が一日も早く戻ってくるよう、私たちは「工夫」する歩みを止めずに今と向き合っていきたいと考えています。

 


天気にも恵まれ火曜日は全園児でお散歩に行ってきました!園の周辺をぐるっと一周するシンプルなコースですが、年少さんと手を繋いでリードしていく初めてのお散歩です。”年少さんと手を繋ぐ”と聞いてみんなのやる気も充分✨お部屋まで迎えに行き手を繋いで、いざスタート!始めは順調に優しくリードしていた年長さんですが、後半は自分の疲れがでてきたのか前の子と差が開いてしまったり、他の幼稚園の子についていこうとしたりする姿が(笑)遠足に向けてちょっぴり心配になった担任ですが、終わった後の「楽しかった!」「頑張った!」という声や達成感に満ち溢れた表情も見られたので、期待したいと思います♡

進級後から”年長だから”と頑張ってきたみんな。段々とパワー切れの姿も見られます。ずーっとアクセル全開では疲れてしまうので、程よく息抜きをしながら気持ちを受け止めていきたいと思います。

 


先日持ち帰った迷路のプリントをご覧になりましたか?これは鉛筆の持ち方や、書き方を知る活動の際に使ったものです。鉛筆の持ち方を知っているか尋ねたところ、「知っているよ!」「簡単!」と早速披露してくれる子、自信満々だけれど、あともう一歩!の子、自信がなかったりまだ自分流の持ち方をする子、そんなみんなで一緒に、鉛筆を正しく持つための魔法の言葉”OK、くるりん、すとん”にチャレンジ!(この魔法の言葉がどのように活かされるのか、是非おうちで聞いてみてくださいね✨)「魔法の言葉を言ったら持てた!」「あれ?どういうこと?…あ!こうか!」と諦めずに挑戦していました。その後の自由遊びでも、魔法の言葉を口にしながら鉛筆を持つ姿もありましたよ☺

一度、鉛筆の活動をすることで、正しい持ち方をきちんと習得することに繋がります。今、絶対に正しい持ち方でないといけない!というわけではなく、鉛筆に興味を持ち、『書く・描く』ことの楽しさを感じてほしいなと思っています。


いよいよ年長さんですね。「もうお兄さんだから!」ととても張り切っている様子が見られますよ♪大谷の年長といえば…一輪車!!進級初日に「一輪車やっていい?」と乗り方を伝える前からキラキラした表情で聞いてくる子も✨待ちに待った一輪車の活動では真剣に話を聞き、やる気が伝わってきました。放課後は一輪車の長蛇の列!「絶対免許とるぞ!」「おー!!」と子ども同士で声を掛け合う姿は、かっこよかったです。今は興味がない子も大丈夫。一輪車に限らず、自分のタイミングでチャレンジしたいことやものを見つけられるように見守っていきたいと思います♡
中には、ちょっぴり緊張して頑張りすぎてしまっている子もいますが、それぞれのペースで優しい気持ちやチャレンジする力に寄り添っていきますね✨



来週末は卒園式ですね。お世話になった人に“ありがとう”を伝える機会も増えてきました。たくさん遊んできた年少・年中さんには、誕生表をプレゼントすることに♪テーマは生活発表会で楽しんだ劇。その絵を個人で描き、グループ毎に大きな模造紙に配置を考えながら貼っていきます。各お部屋に1年間飾るものなので、感謝の気持ちを持ちながら丁寧に取り組んでいましたよ。どの場面を描こうか、どのキャラクターを誰が描こうか話し合いからスタート。自分の気持ちを言葉で伝えるのが苦手な子に「意見言ってよ!」と強制するのではなく、描いた絵に注目して「〇〇を描いたんだね!じゃあ私は△△を描く!」と、その子なりの表現を受け止めて進めていく姿があり、同じクラスで2年間過ごしてきたからこその素敵な関係が見られました✨「にぎやかに描けたから、これを貼ったクラスは盛り上がりそう!」と満足のいく仕上がりになったようです☺

卒園式に向けて少しずつ練習をしています。どの子も寂しさや緊張を感じている様子で、その気持ちの表現方法は十人十色。それぞれの気持ちに寄り添い受け止めながら、残りの日々を大切に過ごしていきますね。


小山田緑地にお別れ遠足へ行ってきました。登園早々おやつやお弁当の見せ合いっこをするほど(笑)待ち遠しく楽しみにしていたようです。園バスに乗り緑地の入り口に着き、橋や山道を登って広場に到着!リュックを置いたら、早速遊びスタートです♪遊具に一目散に走っていく子、土・芝の斜面を転がり落ちる子…汚れも気にせず遊ぶ姿はさすが大谷っ子✨広い原っぱで自分の”好き”を見つけ、思う存分楽しんでいる表情はとてもキラキラしていましたよ。自分たちで遊びを作りあげたり、選択したりする力もついてきているのです。

丘の上に登り綺麗な景色が見えた時、子ども達だけで「せーの」と合図をし「やっほー!」と何人もの子が声を揃えた場面がありました。仲間意識が高まり、保育者が舵をとらなくても物事を進める力もついてきたのではないかな☺と思っています。

幼稚園ではできないダイナミックな遊びをすることができた特別な1日。愛情たっぷりなお弁当、ありがとうございました。お洗濯もよろしくお願いします😢(笑)


PAGE TOP