ブログ

  1. ホーム
  2. 年中クラス

先週は生活発表会にお越しいただきありがとうございました。発表会が終わった今でも子どもたちの合奏の熱は冷めることなく、更にheat up!以前は好きな楽器を選んでむやみに鳴らしていた子どもたちが、全ての楽器が揃うように役割を決め、なんとそこには指揮者も!指揮に注目することが出来るようになったからこそ、出来た役割ですね。子ども指揮者を迎え、いざミニ発表会。合奏も積み重ねていくうちに他の楽器の音やリズムをしっかり聞いて覚えていた子どもたちは、自分の担当以外の楽器でも見事に力を発揮していましたよ。演奏している人も聴いている人も心地よい音楽を作り出せるようになりました。まさに音を楽しむ!これこそが真の音楽(笑)日常生活で身近に音楽が楽しめる環境づくりを今後も大切にしていきたいと思います。


生活発表会に向けて各クラスメロディオンと合唱レッスンにも取組中。特にメロディオンは、自由な表現と違い、決まったメロディーをみんなで速さを合わせて弾く、ピアノの伴奏だけでなく周囲の友だちの話を聞きながら一つの曲にしていくという難易度の高い活動です。なので楽しく取り組むために空想の世界やステップカードを用意して子どもたちが自主的にレッスンできるように工夫しています。個人差はあるもののレッスンを積み重ねるにつれ、曲がスムーズになっていく手応えを感じている様子があります。合唱は、見せ合いっこの時に子どもたちから「対決だ!」という言葉が聞かれましたが、今はそれぞれの暮らすが歌の曲調を理解し、どのように歌ったらお客さんが喜んで聞いてくれるかを考えながら取り組んでくれるようになりました。さぁ、いよいよ来週は発表会!これまでのレッスンの成果を見せられるかな?お楽しみに。


 

いよいよパート練習がはじまりました。楽器が10種類もあるので3グループに分かれてレッスンしています。まずは決まった楽器を確認。1日目のパート練習では勢い余ってばちを飛ばしてしまったり、指揮を見ないどころか寝転んでしまったりする子も・・・。ところが2日目は少し要領を掴んだのか指揮を見る眼差しが少しずつ変わり、同じ楽器同士の音が“ピタッ”と合う瞬間が所々出てきました。いよいよ来週はみんなの楽器を合わせる楽しさを味わえるように取り組んでいきたいと思います。


2学期の大イベントである運動会では、おしり探偵の世界を存分に楽しみ、探偵の修行やダンスパーティーに明け暮れていた子どもたち。「運動会」というフレーズを全く出さずにやってきたので運動会で披露すると知ったのは、なんと・・・運動会の数日前だったのですよ。もう一つの大イベントである発表会は、テーマを楽しみながら1人ひとりがリズムやメロディーを覚えて周りの友だちと合わせ、一つの曲に仕上げていくプロセスになります。なので今回は早めに「発表会」というフレーズを出して目標に向かって積み重ねてレッスンに励めるようにしました。発表会で演奏する楽器も決まり、いよいよ来週からパート練習。どのようなドラマが繰り広げられていくのか、どのように曲が仕上がっていくのか、乞うご期待!(続く・・・)


大谷幼稚園には様々な楽器があります。実は1学期からカスタネット・鈴・タンバリン・ウッドブロックを使い楽器遊びを楽しんできました。そして今回はなんと!大太鼓・小太鼓・シンバル・鉄琴・木琴・トライアングルも加わり大谷幼稚園の楽器が勢ぞろい!「どんな音がするんだろう?」「こうやって鳴らすんだよね!」と1人ひとりが全ての楽器を体験!持ち方や音の出し方をマスターし、食後の空き時間に自由な演奏会が繰り広げられています。自分たちで小太鼓や鉄琴、木琴を設置したり、CDの音楽に合わせてリズム打ちをしたりする達人もいるんですよ。(まだ時々、ウッドブロックの取手でウッドブロックを叩いているお茶目な子も・・・)実は最近、指揮者という存在を知り、合図を見て鳴らすという技術をかじり始めたところです。指揮に合わせて同じ楽器の友だちと合わせる楽しさを味わいながら取り組んでいきたいと思います。


 

今年4月から導入された大谷幼稚園の自園給食。毎日美味しい給食を提供してくれるミールケアさんの協力のもと、サンマ焼き会を実施することが出来ました。新鮮な生のサンマを目の前に子どもたちは興味津々。こんな目の前で生のサンマを見る機会もなかなかないのでしょう。網の上でサンマが焼けていく様子を見ながら、みんなは帽子で風を送り込むように仰いでくれました。煙がもくもくと上がるとサンマが焼ける良い匂いが子どもたちの鼻を刺激します。「良い匂いがしてきた~」「お腹すいてきた~」「早く食べたい!」子どもたちの期待が膨らんでいきます。年長さんは教室で生のサンマを触れる体験もしてもらいました。ビニール手袋を通してですが、サンマの部位によって感触が違うこと、ヒヤッとした魚の感触、背びれの形や大きさも違うことも直に触れたからこその発見を楽しんでいました。その後、園庭に出て給食をいただくことに。サンマの上手な食べ方もレクチャーしてもらい、慣れない手つきで一生懸命、骨に沿いながらサンマの身をほぐし丸ごと一匹いただきました。貴重な経験ですよね。ぜひご家庭でも旬のサンマを食べる機会をつくってみてください。

今後も給食設備があるからこそできる食育活動をあれこれ考えていこうと思っています。決定しているのは「サンマ祭り」は大谷幼稚園の秋の恒例行事になります(笑)


おしり探偵からの薦めで、探偵の修行をみんなの前でお披露目することになった年中組さん!(総練習です。笑)年長さんや年少さんの前で堂々とした姿を見せられたことはとても立派でした。おしり探偵からも「君たちは立派な探偵だ!」と太鼓判を押してもらい、なんと!「優秀な探偵印」である世界に1つしかないきらきらメダルをゲットしたのでした。ところが喜んでいたのも束の間、翌日に“かいとうU”が忍び込み、みんなの大事なきらきらメダルを盗んでいったのです。“かいとうU”からの手紙と共に“かいとうU”のトレードマークであるバラの花びらがお部屋には散らばっていて子どもたちは大騒ぎ!子どもたちは、かいとうUからきらきらメダルを取り返すことは出来るのか?最終決戦である運動会では何か起きそう予感・・・(笑)子どもたちと一緒に本気で楽しんできたこのドラマの結末を、皆さんもどうぞお見逃しなく!


立派な探偵になるためには閃きが重要!そこで頭も身体も柔らかくするためにダンスレッスンに励んでいます。実はこの曲テンポが速くて踊るのがとっても難しいのです。「わからないから踊りたくない」という子やあまりのスピードに呆然とする子もいましたが、おしり探偵からのダンスホール(円です・・・(笑)やダンスを盛り上げる最高のグッズ(ポンポンです・・・(汗))おしり探偵の歌がプロのように歌えるマル秘アイテム(歌詞カードです・・・)をプレゼントされ踊るのが楽しくなってきた子どもたち。気分も乗っておしり探偵の世界にどんどんはまり、カラスや給食の配膳の先生を“怪盗U”と錯覚したり、無いニオイをかいで「くさっ!」と言ったり、「あなたが犯人です!」と探偵ごっこをしたり、盛り上がっています。架空の世界だと分かっていながらも1つのテーマを共有することで、イメージを広げ本気で楽しもうとする子どもたちの姿は素敵ですね!ご家庭でもおしり探偵の世界を一緒に楽しんでくださいね。

 


立派な探偵を目指している子どもたち!おしり探偵からの手紙に刺激を受けて日々修行に励んでいます。手つなぎギャロップから始まり、特別なアイテムでのおなら爆弾運び、くるくるマシーンを使った決め技(鉄棒・・・笑)と修行内容も高度になり、ますますやる気に満ち協力パワーはMAX!でも慎重になりすぎて「スピード対決はやだー!」「競争は絶対にしたくない!」と言われる始末。運動会としてどう競技に持っていくか担任は思案中です・・・。探偵としてのスキルを身につけた子どもたちが自分の力を発揮し、クラスの友だちと団結していく過程を大切にしながら運動会に向けて取り組んでいきたいと思います。


2学期から年中組に実習生が来ています。勉強しようとやる気に満ちた姿勢はとてもキラキラしていて眩しい程です。若くて優しくて声のトーンも穏やかな実習生に子どもたちはゾッコン!「一緒にあそぼう!」「鉄棒見てて!」「一緒に食べよう!」と実習生に群がり取り合いに・・・。大好きな氷鬼では、若さ故のパワーで休むことなく追い続けてくれることに大満足な子どもたち。それだけ子どもたちは、新鮮さ・おもしろさ・優しさ・楽しさのアンテナを張り巡らせているのですね。私たちも初心にかえって、フレッシュな気持ち・若さ・今失っている人気を取り戻します!


PAGE TOP