ブログ

  1. ホーム
  2. 年中クラス

おしり探偵からの薦めで、探偵の修行をみんなの前でお披露目することになった年中組さん!(総練習です。笑)年長さんや年少さんの前で堂々とした姿を見せられたことはとても立派でした。おしり探偵からも「君たちは立派な探偵だ!」と太鼓判を押してもらい、なんと!「優秀な探偵印」である世界に1つしかないきらきらメダルをゲットしたのでした。ところが喜んでいたのも束の間、翌日に“かいとうU”が忍び込み、みんなの大事なきらきらメダルを盗んでいったのです。“かいとうU”からの手紙と共に“かいとうU”のトレードマークであるバラの花びらがお部屋には散らばっていて子どもたちは大騒ぎ!子どもたちは、かいとうUからきらきらメダルを取り返すことは出来るのか?最終決戦である運動会では何か起きそう予感・・・(笑)子どもたちと一緒に本気で楽しんできたこのドラマの結末を、皆さんもどうぞお見逃しなく!


立派な探偵になるためには閃きが重要!そこで頭も身体も柔らかくするためにダンスレッスンに励んでいます。実はこの曲テンポが速くて踊るのがとっても難しいのです。「わからないから踊りたくない」という子やあまりのスピードに呆然とする子もいましたが、おしり探偵からのダンスホール(円です・・・(笑)やダンスを盛り上げる最高のグッズ(ポンポンです・・・(汗))おしり探偵の歌がプロのように歌えるマル秘アイテム(歌詞カードです・・・)をプレゼントされ踊るのが楽しくなってきた子どもたち。気分も乗っておしり探偵の世界にどんどんはまり、カラスや給食の配膳の先生を“怪盗U”と錯覚したり、無いニオイをかいで「くさっ!」と言ったり、「あなたが犯人です!」と探偵ごっこをしたり、盛り上がっています。架空の世界だと分かっていながらも1つのテーマを共有することで、イメージを広げ本気で楽しもうとする子どもたちの姿は素敵ですね!ご家庭でもおしり探偵の世界を一緒に楽しんでくださいね。

 


立派な探偵を目指している子どもたち!おしり探偵からの手紙に刺激を受けて日々修行に励んでいます。手つなぎギャロップから始まり、特別なアイテムでのおなら爆弾運び、くるくるマシーンを使った決め技(鉄棒・・・笑)と修行内容も高度になり、ますますやる気に満ち協力パワーはMAX!でも慎重になりすぎて「スピード対決はやだー!」「競争は絶対にしたくない!」と言われる始末。運動会としてどう競技に持っていくか担任は思案中です・・・。探偵としてのスキルを身につけた子どもたちが自分の力を発揮し、クラスの友だちと団結していく過程を大切にしながら運動会に向けて取り組んでいきたいと思います。


2学期から年中組に実習生が来ています。勉強しようとやる気に満ちた姿勢はとてもキラキラしていて眩しい程です。若くて優しくて声のトーンも穏やかな実習生に子どもたちはゾッコン!「一緒にあそぼう!」「鉄棒見てて!」「一緒に食べよう!」と実習生に群がり取り合いに・・・。大好きな氷鬼では、若さ故のパワーで休むことなく追い続けてくれることに大満足な子どもたち。それだけ子どもたちは、新鮮さ・おもしろさ・優しさ・楽しさのアンテナを張り巡らせているのですね。私たちも初心にかえって、フレッシュな気持ち・若さ・今失っている人気を取り戻します!


いよいよ運動会に向けての活動が始まりました。今年のテーマは『おしり探偵』突然届いた手紙には探偵が足りなくて困っているという悲痛な叫びが・・・。そこで子どもたちは探偵になるため修行をすることになりました。難しい事件に立ち向かうために協力する力・頭や体を鍛える力・前向きに楽しむ力をつけます。毎回の手紙はお部屋の高~いところに吊してあるのですが、その手紙を見つけると子どもたちは大騒ぎ!手紙を手に入れるために子どもたちは試行錯誤。おもちゃ箱、本棚、ロッカーによじ登ったり、麦わら帽子やおもちゃを投げ当て落とそうとしたり、欲しいものを手にするためには手段を選ばない姿に担任は大慌て・・・。(もちろん、すぐに止めましたよ・・・)でもそれだけおしり探偵の世界に夢中になっているということですね。これからもおしり探偵の世界を楽しみながら立派な探偵を目指していきます!


敬老の日に向けて敬老カードを作りました。今年はなんとお守り型!その形を見た子どもたちは「おじいちゃん、おばあちゃんを守ってくれるね」優しい気持ちやありがとうの気持ち。ふわふわな気持ちを込めたいと言い、丁寧に取り組む姿が見られました。お守りの模様はシールを使って思い思いのものを作り上げていきました。ここに子どもたちの可愛い写真と、絵を入れて世界に1つしかない素敵なお守りの完成です。来週の水曜日にカードを持ち帰ります。直接おじいちゃんおばあちゃんに手渡したり、ポストに投函したりする経験を是非させてあげてくださいね。


今週は愛情を込めて育てた野菜を収穫し、野菜切りに挑戦しました。お家の人に用意してもらったエプロンや三角巾を身につけるとまるで気分はコックさん♪野菜切りの極意(極意とは・・・野菜を押さえる手は指を曲げネコの手にするべし!)を伝授し、いざ!まな板の前へ。初めての包丁に恐れずに挑む子、呼ばれる前からネコの手にしてスタンバイOKの子、包丁という響きに緊張してカチコチになる子と取り組みは様々でした。1人4回包丁を入れ少しコツが分かってきたようですよ。自信がついた子どもたちは「お家でもやりた~い!」と言ってたので、ぜひご家庭でもチャレンジしてみてくださいね。切り終えた野菜はちえ先生に調理してもらいました。その名も「ピーマンとなすの甘味噌炒め~ちえちえ風~」。ピーマンの苦手という子もまるで魔法がかかったように食べる姿が・・・。きっと「みんなで愛情を込めて育てたこと」「自分たちで切った野菜であること」「カリスマ主婦のちえ先生に料理してもらったこと」これら全ての力が合わさったからなのでしょうね(笑)今後も自分たちで作り出す楽しさを感じられるような活動を楽しんでいきたいと思います。


今週はじゃがいも掘りに行ってきました。土の中からどんどんじゃがいもが出てくることに喜びを感じる子、じゃがいもを傷つけないように慎重に掘る子、もう十分掘り尽くしたのに「まだあるかも・・・!?」と諦めのつかない子など様々な姿が見られました。たくさんのじゃがいもを掘って大満足した子どもたちの思い出を絵に残そうと印象画を書きました。経験したことを上手く表現できるように、まずはみんなでじゃがいも掘りの1日の発表会!天気や服装、持ち物や畑の様子、出来たじゃがいもの大きさや形などを思い出し、イメージが膨らんだところでお絵かきスタート!今までは好きな色を使って描いていた子どもたちですが、目には白目と黒目があることに気づき実物の色を忠実に再現したり、実際にじゃがいもを掘って体を使ったことで顔だけでなく体や指を描こうとしたり、“楽しい”を共有したことで自信を持って描く姿が見られました。これからも子どもたちの気づきを大切にしながら表現する力を伸ばしていきたいと思います。


今週は、各クラスで猛獣狩りゲームを行いました。猛獣狩りゲームとは、リズムに合わせてダンスを踊りながら、担任が叫んだ動物の文字数の仲間を集め、仲間が出来たら座って待つ、という簡単なルールのゲームです。年少の時に既にやったことのあるゲームだったので、担任が動物の名前を叫ぶとすぐに「○人だ!」と子どもたちで人数を知らせ合い、仲間を集めていました。少人数だと簡単に集まることができましたが、人数が多くなったり、同じ人数でもさっきとは別のグループで組んだり・・・となるとなかなかこれが大変!せっかくできた仲間から外れ、別のグループにドッキングしたり、1人足りないからと連れてきたら、ぞろぞろと3~4人付いてきてしまったりと大騒ぎでした(笑)年少のときは、何となく人数を集めて楽しんでいた活動でしたが、今回はできあがった仲間の中で人数を数える子、足りない人数を叫んで知らせる子、名前を呼んで自分のグループに誘う子など、成長がしっかり見られた活動となりました。今後もルールのあるゲームを楽しんでいきたいと思います。


5月30日の「大谷家族の日」に向けてのマル秘大作戦がスタートしてはや3週間。「家族みんなが仲良く幸せに眠れるベット作り」から始まり、「家族写真を飾るフォトフレームのデコレーション」、「家族全員の顔を思い浮かべながら描いた絵」、仕上げに思いを込めて描いた「そらまめくんカード」、よりベットを輝かせるための「ニス塗り」。これらの活動を積み重ねることで家族への想いがどんどん膨らんで、“喜ばせてあげたい”“これあげたら、どんな顔するかなぁ?”と自分で作ったプレゼントを渡すことにワクワクし特別感を抱いているようでしたよ。家族一人ひとりに何を?感謝するかを話し合うと、お父さん、お母さんへの想いだけでなく、お兄ちゃんに対して「ボクに字を教えてくれて“ありがとう”って言いたい」や、赤ちゃんには「いつも笑ってくれて嬉しい」など・・・家族への想いを自分なりに考え言葉にする姿に感心しました。子どもたちから自然に出てきた「大好き」「一緒にいると楽しい」「みんなでいると幸せ」という言葉から、幸せな家族の絆を感じることができました。


PAGE TOP