ブログ

  1. ホーム
  2. 一斉活動

ず~っとワクワクして待っていたお別れ遠足に行ってきました。池にわたる一本橋を慎重に歩き山道をどんどん上り広い原っぱに到着!みんな早く遊びたいだろうなと思っていたのですが、荷物を置くと早速お弁当を広げる子ども達(笑)久しぶりに作ってもらったお弁当がとっても待ち遠しかったようです😊一旦お弁当をしまい、気を取り直して遊びスタート!

前日の雨により芝が滑りにくく思うようにいかなかったのですが、子ども達は閃きました💡自分たちが寝っ転がってコロコロすればいいんだ!と、全身芝だらけになりながら楽しんでいましたよ。遊びを自分たちで見つけたり展開させたりする力にすごいなぁと驚きました。大人からすると”何もない”と思える環境でも、”楽しい”を見つける経験を積み重ねてきたことで、初めての場所でも自分の”好き”を見つけて遊び込めるようになってきています。

お天気にも恵まれていい思い出になったね!


昨日は子どもたちが待ちに待ったお別れ遠足でした。大谷戸公園に着くと見えてきた遊具にテンションMAX!!この公園の遊具は、少し勇気を出さないと成功しないものがたくさん!でもここでこの学年の物怖じしないたくましさが炸裂しました。着地までものすごいスピードが出る滑り台では、尻もちをつく人が続出。更にうんていでは、高さを怖がることなくブンブン体を振った結果、落下・・・。でもその失敗をケラケラ笑い飛ばし、何度も何度も挑戦するのです!そしていつの間にかコツを掴み、柔軟に楽しむ姿には感心しました。初めは様子を見ていた子もチャレンジを楽しむ友だちを見て自然と意欲が沸き、気付いたら仲間入りなんて姿も♪

運動会や発表会で大きくなった仲間意識や何事も全力で楽しむ雰囲気がこのような場面でも見られるなんて😊嬉しいですね!

年長になったら探検に行く予定の山に向かって、「ヤッホー!」と自分たちをアピールすることも忘れませんでしたよ♡

遠足のフィナーレはやっぱり愛情たっぷりのお弁当。おかずお披露目会のように自慢のお弁当を見せ合い、会話を弾ませていましたよ。

これからも進級までのカウントダウンの中で成長を見つけながら、大切に過ごしていきたいと思います。


先週から、色々な先生や他クラスの友だちとより交流が深まるようなお楽しみタイムを設けています。まずは”担任交換”!違うクラスの先生が遊びに来てくれると聞いて、「楽しみー♪」「嬉しい!」との声が上がり、期待を膨らませている様子でしたよ。中には、「ドキドキする…」と言ったり、担任に「行かないで~」と可愛いお願いをしてくれたりする子もおり、それぞれが色々な思いを胸にしながらシール遊びやもうじゅう狩りゲームを行いました。遊びが始まってしまえば緊張も少しずつ解け、違うクラスの先生にも「来てくれて嬉しい♡」「帰らないで~♡」と親しみを持って接する姿が見られ、一安心!その後の外遊びなどで顔を合わせた時も、「また会ったね♪」「また遊ぼうね♪」と話しかけてくれ、以前より距離が縮まったように思います。そして次は、3クラスの子ども達をミックスした混ぜこぜクラスでの活動!(この活動の模様はまたお伝えできればと思っていますので、お楽しみに☺)進級に向けて環境の変化を楽しめるよう少しずつステップを踏み、子ども達一人ひとりの気持ちに寄り添いながら過ごしていきたいと思います。


お正月遊び第二弾は【コマ回し大会】を開催!カウントダウンをするほど心待ちにしていた子、ちょっぴり心配そうな子、練習に余念がない子などそれぞれが思いを抱えながら当日を迎えました。まず午前中は各クラスでコマ大会!グループごとに勝負しナンバーワンを決めました。グループで協力して作ったメダルを誰が首にかけるのか!真剣勝負のスタートです。よーいドンの合図に合わせて一斉にヒモを引く子どもたちとそれを見守る他グループ!友だちの名前を大声で叫んで熱い応援をする中、みんなが息をのんで結末を見守る瞬間もあって大いに盛り上がりましたよ♪
みごと勝利しガッツポーズで大喜びするチャンピオンの横で涙を流す子もいました。練習が報われた嬉しさ、頑張ってきたのに成果を出せなかった悔しさなど、思いが溢れた熱い大会となりました。
午後はいよいよ頂上決戦!各クラスのグループチャンピオンが集まり、年中王者を決めました。ドキドキしているグループチャンピオンたちでしたが、クラスの熱烈なエールを受け自信を持って勝負に挑んでいましたよ。最後は頑張ったチャンピオンたちのパレード、そして年中王者には世界に一つしかないメダルが授与されました。
初めて一人一人がひとつの目標に向けて頑張ったコマ回し。悔しさやあこがれの思いがまた次の挑戦に繋がることでしょう。


お正月の伝統遊びのひとつ、凧あげを楽しみました。まずは凧作り!六角形のポリ袋・竹ひご・たこ糸をどのように組み合わせると高く飛ぶ凧ができるか、各クラスで考えるところからスタート☆竹ひごを「2本合わせて強くする!」「十字にする!」など『アイディアを出し、試す』を繰り返して一番風を受けやすい形を探しました。角を揃える、まっすぐ付けるなどポイントがたくさんありましたが、一つひとつ意識して破れない様、慎重に組み合わせていましたよ。お気に入りの絵も書いて完成!早く飛ばしたい気持ちを胸に、一旦給食(笑)午後は隣の公園に飛ばしに行きました。飛ばしながら感覚を掴み凧を上手く操るコツを発見した子、自分の凧がどのくらい飛んでいるか確認しながら走って思わず転びそうになっていた子、走らなくても飛ぶポイントを見つけ知らせる子、キラキラの笑顔で楽しんでいましたよ。どうしたら組み立てられるか、どうしたら高く飛ぶかなど、自分たちで試行錯誤して作ったからこそ、できた喜びもアップ!楽しさもアップ!したようです♪上手くいかなくて悩む時間も達成感と一緒に大切にしていきたいと思います。


お正月遊びを楽しもう!をテーマに、凧作りをしました。凧に足を付ける時、空高く揚げたいという声が上がったので、では何に気を付けたら良いかなとみんなで考えることに ♪

『足の長さは?』『2本付けるならどこに付ける?』など次々と出てくる疑問を一生懸命考えました。初めは見栄えが良いところに付けようとする意見が聞かれましたが、しばらくして≪バランス≫というポイントに気付いた子どもたち!でもその≪バランス≫という言葉が思いつかず、「(手を傾けながら)こうなっちゃうから」と体で表現するなど一生懸命にアピール!ついに出た「こっちが重いとグラグラしちゃうから!」という発言に、「それだ!!」とみんなしっくりきたようで、満足感を持って取り組むことができました。

そして先週、思いきり凧揚げが楽しめるよう、隣の公園へ!初めは『全力前進!!』といった様子で走り続けていましたが、やはり途中でスタミナ切れ・・・。でもその時に立ち止まっていても揚がることを発見!風を探して体の向きを変えて実験を楽しむかのように夢中になっている様子が見られましたよ。

みんなでいっぱい考えて作った分、バランス良~く高~く揚がって良かったね!!

 


3学期になり、進級を見据えてルール性のある集団遊びを経験できるよう、年少組のみんなで鬼ごっこをやることに。第1回目は、先生(鬼)VS子ども達!先生鬼に捕まらないよう、園庭を駆け回る姿や友達と手を取り合って逃げる姿、自分が捕まっても友達を応援する姿など、元気いっぱい楽しんでいましたよ。第2回目は、1クラスが鬼チーム・残り2クラスは逃げるチームと少しルールが複雑に!(3回戦行い、どのクラスも鬼を経験できるようにしました)ルールを理解して楽しむ子もいれば、自分がどちらのチームか混乱する子、チームお構いなしに自分の好きな方をやる子(笑)と様々な姿が見られました。第1回目のような簡単なルールだとわかりやすいようですが、第2回目のような少し複雑なルールで遊ぶにはもう少し経験が必要な様子…これからも、自由遊びの時間等に改めてルールを伝えながら遊び込んだり、他の集団遊びの機会も設けたりして、楽しく経験を積んでいきたいと思います♪


年中組で氷オニをしました。以前から流行っていた遊びだった為、ルールはばっちりな子どもたち。60人以上の大人数、しかも園庭を貸し切り!もうわくわくが止まりません!
中にはドキドキしていて始まる前に「先生一緒に逃げてね…」と言っていた子たちもいましたが、いざ始まると先生なんて置き去り・・・みごとなロケットダッシュを見せたのでした(笑)
このゲームの良さはつかまってしまっても助け合えるところです。大声で「助けてぇ~!!」と仲間にアピール!そこにヒーローのように駆けつけるやりとりがたくさん見られましたよ。素早くオニをかわす子、助けてもらった喜びでオニの接近に気付かずすぐにつかまる子、オニと仲間に交互にタッチされ続け混乱してしまう子など、笑いありの楽しいゲームとなりました。3回戦やりましたが最後はもうヘトヘト!終了を知らせる笛を「待ってました!」と言わんばかりにすぐに集まる姿もおもしろかったです。
これからも活動だけではなく遊びの中でも、仲間の力を感じられるような機会をたくさん作っていきたいなと思います♪


いよいよ生活発表会に向けて劇遊びが始まりました。まつ組は『かさこじぞう』、ふじ組は『どろぼう学校』を披露します。

この演目は、色々な絵本を元になりきり遊びを楽しみ、その中から「この話が一番楽しかったからお家の人に見せたい!」と決めました。物語の中に出てくる様々な役になりきり、全部の役の魅力を感じてから役決めミーティング。この時、運動会・組体操の時のミーティングから一回り成長した姿を見せてくれたのですよ。1つの役に人数が偏ってしまった時、「どの役も楽しいからこっちに移動するね」と自分の気持ち・友だちの気持ちどちらも大切にした決め方だったり、迷っている友だちに全ての役の魅力を丁寧に伝えてくれる優しさが見られたりしました。

配役が決まったら次はストーリー、台詞決め。場面にぴったり合った事を考えた子や「どうして?!」と思わず笑ってしまうようなユーモアの溢れる事を考えた子など、各役のカラーが出ていて、まさに日頃のクラスの様子を見ていただける(?!)台本が出来上がりましたよ。緊張の中でも普段の様子を楽しみながら披露できるように活動を重ねています。どのようなストーリー、台詞の物語になったのか、お楽しみにしていてくださいね★


今週、音楽隊はついに舞台デビューを飾りました♪ 舞台のひな壇から見る景色にウキウキしながら、全員で音を合わせ楽しんでいる子どもたち。リズムや歌を覚えた子が増え、音や表情に自信が感じられるようになってきています。

そして迎えた昨日、年中で合奏の見せ合いっこ(総練習)をしました。初めてのお客さんを前に緊張するかと思いきや、そこは忍者の修行を共にしてきた仲間!幕が開いてお互い目が合った瞬間から嬉しさでいっぱいな様子でしたよ。友だちに見とれすぎることなく、指揮をよく見ようとする姿や張り切って声を出す姿など、いつも以上に力を発揮している子どもたちに成長を感じました。お客さん体験もして、わくわくしたこの気持ちを早くおうちの人に味わってもらいたい!と期待も高まったようです。

発表後、クラスに戻りお互いの素晴らしかったところ探しをして伝え合うことに♪「にこにこの子がいてココロがわくっとした!」「自信を持っていて格好良かった!」「音が合っていてきれいだった!」「一緒にやりたくなった!」などたくさんの声が上がりました。嬉しい言葉をもらい、さらに自信がついたようです。

来週はこの合奏がどのような楽しみ方に変化していくのかな?乞うご期待!

 


PAGE TOP