ブログ

  1. ホーム
  2. 一斉活動

敬老の日に向けて、”自分たちが今いるのはおじいちゃん・おばあちゃんたちがいたからこそ”と知って何を伝えたいかみんなで考えました。「ありがとうを伝えたい!」「会いに行きたい!」「大好きって言いたい♡」そんな気持ちを伝えるために飛び出すカードを作りました。自分の顔の絵をを張り付けて、手紙から”会いに来たよ”というテーマです。担任が作ったものを見て、「びっくり箱みたい!僕・私も作りたい!」と興味津々👀さっそく製作スタート!「〇〇ばぁばには、梨を送ってくれてありがとうって書いて、△△ばぁばには、元気ですか?って聞いてみたい!」と送り先の相手のことを思いながら、心を込めてメッセージを考える子もいましたよ♪”お母さんのお母さんがおばあちゃん?お父さんのお母さんもおばあちゃん?!”子どもにとってはちょっぴり複雑ですが、相手を思ってお手紙を書くことに挑戦しました!みんなの気持ちしっかり届くといいね☺後日、ポストに投函しに行く予定です📮



長い夏休みが終わり、いよいよ二学期が始まりました!お友だちとの再会を喜びつつも、少しお家が恋しくなってしまう子も…それぞれのペースで園生活のリズムを整えられるよう見守っていきますね。そんな中、敬老の日に向けてカード作りを行いました。「健康で長生きしてほしいな♡」という思いを込めて、鶴を作ることに♪手形を取ったり、赤い頭や長い脚など鶴の特徴を捉えながら描いたりしましたよ。脚をカラフルにする子、デコレーション用のお花シールの位置にこだわる子など、それぞれ大好きの気持ちをたくさん込めたカードが完成しました!「まだ秘密だよ☆」「早く渡したいな」とおじいちゃん・おばあちゃんへの気持ちが溢れていた子ども達♡このカードを通じてさらに交流が深まるといいな、と思います。


敬老の日に向けてプレゼントのカードを作りました♪「敬老」という言葉にピンとこなかった子どもたちですが、おじいちゃんおばあちゃんとの楽しい思い出を話していくうちに「会いたいな」「大好き」の気持ちが溢れてきたようです。今回作ったのは幸せを呼ぶだるまのカード❤実物の写真を参考にしながらズレないよう目を貼ることに挑戦!慎重に糊を扱い、集中している姿には感心しました。クレパスを使った飾りつけでは、ハートやニッコリな表情を描いて大好きを表現♪なかには、お腹にぐるぐる色を塗り「おじいちゃんとおばあちゃんがお腹が痛い時に治してくれるだるまなの」なんて素敵なおまじないをかけている子もいましたよ。まだまだ『自分を見てみて~♪』なお年頃ですが、子どもたちなりに相手を想い、心を込めて取り組むことができるようになっているのですね😊カードは来週持ち帰りますので、手渡しや郵送などで気持ちを伝える機会をつくってみてください♪


以前食育体験で玉ねぎの皮を剥いたことを覚えていますか?実はその皮を大事にとっておいたのです!なぜかというと…玉ねぎの皮を使って染め物をするため♡ まずは模様をつけるために布にペットボトルキャップを包み、紐で巻きました。ちょっぴり難しかったけれど、どんな模様になるかワクワクしながら準備万端!玉ねぎの皮から抽出した色を見て、「麦茶の色だ!」「虹色になったらいいな」等と、夢が膨らんでいましたよ。白い布を漬け込み呪文をかけたり、どんどん色が変わっていく様子を興味深く見守っていたりした子ども達。 しばらく待っていよいよお披露目タイムです♪「わあ~きれい✨」「ばんざ~い!」と歓声があがり、染め物体験は大成功!!これからおままごと等で使っていく予定なのですよ☺ “楽しい”を1日で終わらせるのではなく継続して楽しんでいくことで、更に興味関心を広げるきっかけになったかな☆


今、年少組では進級のクラス替えに向けて「仲良しタイム」という時間を設けています。他クラスの子と一緒に自己紹介ごっこをしたりゲームをしたりして「仲良くなっちゃおう☆」をテーマに活動しているんですよ。初回は緊張している子も多く、自分のクラスのお友だちと一緒にいることに安心している様子でしたが、回を重ねるごとに新しいお友だちができることに期待を持ち始めているようです。自己紹介で始めはとても静かでも誰かの一言でみんなの気持ちがガラッと変わり、大笑い♬なーんて楽しい雰囲気も見られています。「〇〇ちゃんとお友だちになった♡」「〇〇先生と遊んだの、楽しかった♡」と嬉しそうな感想も聞かれました。さらに、約束して園庭で一緒に遊ぶ子もいたんですよ。中にはまだ楽しんでいる気持ちの中に緊張や頑張りが隠れていて、自分のクラスに戻ってくると「あ~!緊張した!」とホッとした様子の子も見られます。これからも一人ひとりの気持ちを大事にしながら、安心して進級できるように仲良しタイムを楽しんでいきたいと思います。


昨日の豆まき大会ではオリジナルのお面と豆箱を身につけて挑みました。お面はいつもより大きな折り紙で製作!何度も取り組んできた折り紙はもう、おてのもの?!先生の話を聞きながらハサミで切る場所や折り上げる向き、シンプルなお面の中にも様々なポイントが詰まっていたのですよ。豆箱は1枚の紙を立体に仕上げる為に底の貼り合わせ方が重要なのです。あえて“だいたいこれくらい”という抽象的な言葉(実は子ども達にとって難しいのです😅)で伝えてみました。完成形をイメージしながら力の入れ具合や角度にこだわって取り組んでいましたよ。しかし!そんな大事な豆箱ですが、破れていたり折れていたりしませんでしたか?それは鬼たちと一生懸命戦った証✨ちょっぴり尻込みしながらも、果敢に挑んでいましたよ。お休みの友だちの分まで気持ちを込めて鬼を追い出しました♪ぜひ感想を聞いてみてくださいね!


 

豆まき会に向けて年中組の子どもたちは、ワクワク・どきどき・ブルブル(恐怖)でカウントダウンをしながらも、去年の経験を活かして、鬼と戦うための鬼のお面作りや作戦会議を行ってきました。もみじ組では、【鬼にごちそう(おままごとの食べ物)を用意し、鬼が食べて「硬っ!!」と顔をしかめた瞬間に攻撃を仕掛ける作戦】さくら組では、【怖くて鬼に攻撃が出来なかったら友だちを応援する作戦】や【怖い者同士で団結し、一緒に豆を投げる協力作戦】等、各クラス思考を凝らした作戦でいざ出陣!!!🔥
・・・しか~し!実際に鬼を目の前にすると慌てふためき、作戦はどこへやら(笑)鬼に怯まず、豆を投げ続ける子、怖がる担任を捨てて逃げ回る子、泣きながらも見守り、応援をする子などなど点でバラバラ💧やっとの思いで鬼を無事に追い払い、我に返ると「あれ?作戦は・・・?」とみんなで苦笑い😅作戦はともあれ、お休みしている子の分までみんなと力を合わせて鬼をやっつけたことで、自分の心の中の鬼もきっと追い払えたのではないでしょうか。たくさんの福が訪れる1年になりますように👏


 

2月3日、年少さんにとって初めての「節分豆まき大会」を行いました。この日に向けて、鬼のお面も作ったのですよ。(お休みしている子も作れるキットを準備してありますので楽しみにしていてくださいね☺)ただ鬼を退治するだけではなく豆まきをする意味を伝えてみると、自分の中の追い出したい鬼が思い浮かんだ子どもたち。「泣き虫鬼」「好き嫌い鬼」「怒りんぼ鬼」「いじわる鬼」などがあがる中で、「直すところはない!」と自信満々で余裕たっぷりな子も(笑)イメージした鬼に近づけるべく、様々な材料を駆使☆一本だけとても長い髪を付けたり、ブラブラ垂れ下がる鼻を付けたりとオリジナリティたっぷりの鬼が出来上がりましたよ♪そして迎えた節分の日、「お休みしているお友だちの分まで頑張るぞ!」と気合いを入れて園庭に出ましたが、登場してきた鬼を見て目が点に!いざ豆まきが始まると、助けを求め担任の周りにお団子状態になっているクラスもあれば、自ら鬼に挑んでいく強者揃いのクラスもありました。でも最後はみんなで力を合わせて「鬼は外!福は内!」☆見事、鬼を退治することができましたよ。頑張ったみんなには、たくさんの福が訪れることでしょう♡


1月はお正月遊びを楽しみました。なかでも盛り上がったのは『コマ回し大会』この日のためにコマ名人になるべくコツコツ練習した子もいたのですよ。大会内容は…、まずはグループに分かれ勝負。そこで勝利した者たちで頂上決戦!クラスのメダリストを決めました。始めに設けた練習タイムでは和気あいあいと楽しむ姿が見られましたが、いざ戦いの時がくるとメラメラと勝負師の顔に!真剣な表情でコマを回したり、「止まらないで~」と神頼みをしたり、それぞれ闘志を燃やしていました。見ている側も、大好きなお友達の名前を呼んでエールを送り、勝った子に「おめでとう」の拍手をするなど応援に力が入っていましたよ♪最終決戦はとくに盛り上がり応援チームも前のめり!そして結果に大喜びなメダリスト☆…でもその裏には悔しさで涙を流す子の姿も見られ、勝負のほろ苦さも味わったようです。次の日からその悔しさをバネにコマを楽しむ子が増えたのですよ☺挑戦したことで湧いてきた新たな頑張りパワー!この気持ちを日常の中でたくさん発揮してほしいなと思います。


ず~っとワクワクして待っていたお別れ遠足に行ってきました。池にわたる一本橋を慎重に歩き山道をどんどん上り広い原っぱに到着!みんな早く遊びたいだろうなと思っていたのですが、荷物を置くと早速お弁当を広げる子ども達(笑)久しぶりに作ってもらったお弁当がとっても待ち遠しかったようです😊一旦お弁当をしまい、気を取り直して遊びスタート!

前日の雨により芝が滑りにくく思うようにいかなかったのですが、子ども達は閃きました💡自分たちが寝っ転がってコロコロすればいいんだ!と、全身芝だらけになりながら楽しんでいましたよ。遊びを自分たちで見つけたり展開させたりする力にすごいなぁと驚きました。大人からすると”何もない”と思える環境でも、”楽しい”を見つける経験を積み重ねてきたことで、初めての場所でも自分の”好き”を見つけて遊び込めるようになってきています。

お天気にも恵まれていい思い出になったね!


PAGE TOP